愛知,, 尾張のうつ、ニート、ひきこもり、仕事が見つからない人に在宅ワークや少人数での仕事、相談など

団体案内

  • HOME »
  • 団体案内

ご挨拶

当NPOはまだ立ち上げたばかりなので、この事業を地域に伝える活動がもっとも重要なポイントである。
この事業をポスティングやプレスリリースなどで伝えることで、引きこもりの家族からの相談につながる。また事業を知った団体、自治体、個人からの応援を得られる
そして、アウトリーチ・カウンセラーを養成することで、一人でも多くの引きこもりの人たちに復帰のきっかけを作ることができる
そのため、この2つに2016年度は力をいれていく
今後の活動の方向性・ビジョン
社会復帰支援アウトリーチは、尾張地方を中心に各市町に拠点を設け、担当のアウトリーチ・カウンセラーが地元に密着して活動していきます
尾張地方、名古屋、愛知全域から近隣、全国へとこのノウハウを広げていきます

ひとりでも多くの引きこもりの人に、仕事と「役に立てるんだ」という思いを届けたい

NPO法人社会復帰支援アウトリーチ

代表理事 林 日奈

活動実績

・2015年度 モリコロ基金展開期
・一般社団法人Docanふれあいねっと スーパーバイザーとして委託
・2016年度あいちコミュニティ財団深堀りファンド ひきこもりの実態調査
・2016年度 モリコロ基金初期(共催)
・2017年度 東海労働金庫 傍楽ファンド、育成女性
・2018年度 株式会社デンソー デンソープロボノプログラム
・2016年、2017年、メッセナゴヤ出展
・2017年 N-1グランプリBlue2017出展
・2018年 TEDxAnjo スピーカー「ひきこもりの概念を変える」登壇
・2018年 輝く女性 ソーシャルビジネスプランコンテストあいち2018 愛知県知事賞 受賞

 

協力企業
・株式会社ニイナナ
FMいちのみや
ミシュク式カタカナ英会話ジェッタ
アズ倶楽部株式会社
ジャパンケミカルインダストリー
・タスクールビジネスサービス株式会社
・ヒプノラーニングセンター
・一般社団法人N-1
その他

 
 

団体概要

団体名 特定非営利活動法人社会復帰支援アウトリーチ
代表理事 林 日奈 (はやし ひな)
所在地 〒491-0854 愛知県一宮市北園通2-13
TEL 080-3666-613
FAX 0586-73-5825
事業内容
  • アウトリーチ(訪問支援)事業
  • 電話相談事業
  • アウトリーチ・カウンセラー養成事業
  • 在宅ワーク事業
  • 講演事業

代表理事略歴

林 日奈
社団法人日本自動車連盟 中部本部指令室 電話オペレーター教育
国際コーチ連盟 コーチングアカデミー インストラクター
YMCメディカルトレーナーズスクール 心理学講師
企業向け電話応対講師など
「ものごとが決められない自分を変える法」2014年同文館出版より刊行
N-1グランプリ実行委員会 副実行委員長

 

◆設立の経緯

現在29歳28歳の二人の息子の母、夫とは別居中で実家で母と四人暮らし
長男は小6のころから不登校気味になり、進学した高校は出席日数不足で退学
次男は就職後、うつ症状がひどくなり、休職と転職をしながら現在は自宅療養しながら
在宅ワークを開始予定
私自身は1999年頃よりPTSD(心的外傷後ストレス障害)となる。2006年別居を機会に症状は治まる。
自分自身の経験、息子たちによって体験した母としての思い、息子たちが感じていた思い、コーチング、研修などで関わった人たちなどそこで体験、見聞きしたネガティブな思考や感情を分析し、また精神疾患を学び、その分析と対処方法を活かすため、この事業を立ち上げた。

引きこもりや精神疾患を抱える家族、本人は疲れ切って、立ち直ること、望む支援が得られることをあきらめてしまっている場合が多い。そういう人たちに関わるためには、待っていては動かない。私たちが出向いて、ドアを開けることが必要だ。そう気づきアウトリーチを決意した。
実際にアウトリーチを実施している家庭からも、「誰かが中に入ってくれるのを待っていた」と言っていただいている。

2つの質問

いろいろな理由で仕事をしたくても仕事に就けないかたに、
「今のままでもできる仕事」をコーディネイトして、社会復帰(就職やバイトなど)へつないでいます。

こんな風に私の活動を紹介すると、よく聞かれる質問が2つあります。その質問に答えていきましょう。

1つめ「どうしてその活動を始めたの?」

実は、家庭の問題を解決したかったからなんです。
私の二男は就職後うつ状態になりました。退職して自宅療養して、
回復して、また就職して、そして再発。これを繰り返したことで、
就職に不安を持つようになりました。夜中は元気にしているので、
ある日「家でできる仕事だったらやるの?」と聞いたら「やる」との返事。
これがキッカケで、同じような状況の方にも効果があるのでは?と考えて活動を始めました。

2つめ「ひきこもりって仕事する気あるの?」

答えは簡単です。あります。
もし、やる気がないなら、今の状況は彼らがが望んだものなので、
幸せな顔をしているはずです。でも、実際はそうではないです。
そして本人たちに仕事の話をすると「やります」と答えてくれています。
口では「もうこのまま仕事をしたくない」と言っていても、
心の奥には「仕事をしたい」「誰かの役に立ちたい」という思いを持っていることを信じています。

2016年に私たちが地元の方や学生さんなど400人に調査した結果、
6.4%約15人に1人がひきこもりと呼ばれる状態にあることがわかりました。
この数字からも決して他人事ではないのです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

スケジュール

1月 2023
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
« 12月   2月 »

在宅ワークLINE登録

在宅ワークLINE登録

アウトリーチ登録フォーム

アウトリーチ登録フォーム

Outreach騎士団 申込

Outreach騎士団 申込
  • facebook
  • twitter

ご家族向けLINEアドバイス

ご家族向けLINEアドバイス

社会を変える小さなヒント

企業様向け

企業様向け

Calendar

PAGETOP
Copyright © NPO法人社会復帰支援アウトリーチ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.